目整形

顔の印象の大部分を占める目もと。「目は口ほどにモノを言う」と昔からいわれるほど、その人の印象を左右する重要なパーツです。当院では丁寧にカウンセリングをし、ご希望に沿い適した手術をご提案いたします。

二重整形

まぶたは「一重まぶた」「奥二重まぶた」「末広二重まぶた」「平行二重まぶた」と 種類があります。「暗い」「眠そう」といった、まぶたの印象で人の雰囲気は変わってしまいがちです。そういった印象を治す方法として、「埋没法」、「切開法」という大きく2つの施術があります。

埋没法

二重のラインが出来る好みの位置に糸を通しまぶたを形成する術式です。皮膚を切らないため腫れが少なく、切開の傷跡もなく自然な二重を形成します。


切開法

目を開ける力が弱い方や確実に二重まぶたにしたい方、皮膚が余っている方にお勧めです。ご希望の幅でまぶたを切開することで、永続する二重を形成いたします。切開には「部分切開」と「全切開法」があります。


眼瞼下垂

眼瞼下垂は、上まぶたが垂れ下がり見えにくくなっている状態を指します。眼瞼下垂の原因には、加齢やコンタクトレンズの長期間の使用、目をよくこする、生まれつきなどが挙げられます。上まぶたを持ち上げる「眼瞼挙筋」という筋肉が弱くなったり、「挙筋腱膜」という腱膜が伸びたり損傷したりすることで症状が出ます。眼瞼下垂を改善する方法は、手術治療が基本となります。


目元

顔の印象の大部分を占める大切な目元。丁寧なカウンセリングにより、ご希望に沿った、最適な術式をご提案いたします。

目頭切開

目頭の部分を覆う上まぶたのヒダ(蒙古襞)を取り除き、目と目の間の距離を狭く整え目を大きく見せます。左右の目が離れている、目頭の皮膚が眼球に覆いかぶさっているなどのお悩みの方にお勧めです。また平行二重まぶたを希望される方で、ヒダが発達している場合は目頭切開も併せて行っていただくことが必要となります。


目尻切開

目尻切開とはその名の通り目尻、つまり目の外側を切開して外に向かって目を大きく見せる手術です。目のバランスを整えることで、小顔の印象を与える事ができます。目尻切開は適切に処置を行えば、傷はまつ毛の内側に隠れるので跡はほとんど目立ちません。しかし、元々ヒダで隠れている部分が多い目頭を切る目頭切開に比べて、目尻は皮膚や粘膜で隠れている白目の部分が少ないため術後変化は少なめになります。より多くの変化を求める場合は、グラマラスライン手術(下眼瞼下制術)と併せていただくことをお勧めします。


下眼瞼下制術
(グラマラスライン手術)

たれ目形成術とも言われて、やさしいイメージのたれ目に変える術式です。目を下方向に大きくすることができる術式で優しく柔和な印象を与えます。


上眼瞼リフト

眉毛下切開とも言われる術式です。重力の影響で目の周りの筋肉が落ち、皮膚が伸びてしまうことで目の上のたるみを招いてしまうことがあります。 伸びてしまった余分な皮膚を取り除けるので、目の形を変えずにたるみだけを取りたい場合に有効です。


ブローリフト

加齢とともにおでこの皮膚がたるみ、眉毛も下垂してきます。この場合はおでこの弛みを除去したるみを切除するブローリフトが効果的です。


上眼瞼脱脂

埋没法による二重の持ちを長くしたい方、より二重形成をはっきりさせたい方にお勧めです。二重のラインに添い少し切開し脂肪を丁寧に除去していきます。


下眼瞼脱脂

皮膚が薄い下まぶたは老化とともにシワ、たるみが目立ちやすくなります。 目の下がたるみで老けて見られる、疲れているように見られるなどのお悩みには、たるんだ皮膚の切除と脂肪の摘出によって形態の改善をはかります。


涙袋形成

下まぶたのふくらみを涙袋と言いますが、このふくらみがしっかりとしていると、普段から笑っている印象を人に与え、笑顔のポイントとなります。


料金案内

美容外科の料金表は下記より
ご覧いただけます。

お悩みから探す

顔のお悩み

体のお悩み