鼻翼縮小(小鼻縮小)

鼻翼縮小とは、小鼻の外側や内側の皮膚を切り取ることで鼻をスッキリと整える手術です。鼻翼とは小鼻のことを指すため「小鼻縮小」とも呼ばれています。

鼻翼縮小は下記のような方に向いています。
・広がった小鼻を小さくしたい
・小鼻の張り出しを改善したい
・横長の鼻の穴を縦長にしたい
・笑うと小鼻の広がりが気になる
・半永久的な効果を得たい

日本人には、小鼻の大きさや張り出しに悩む人が多くいます。小鼻が大きすぎると、鼻の存在感が過度に出てしまったり、幼く垢抜けない印象になったりします。小鼻の大きさが目立つ鼻は大まかに3タイプに分けられ、それぞれに適する手術方法は異なります。

・タイプ①→外側法
・タイプ②→内側法
・タイプ③→外側法+内側法

【イラスト 小鼻のタイプ】

鼻翼縮小の手術

鼻翼縮小には、鼻の外側と内側からアプローチする方法があります。

●外側法

【イラスト:外側法】

外側法は、小鼻が付け根より外に張り出しているタイプに適応となる方法です。俗に「あぐら鼻」と呼ばれる鼻を改善できます。
小鼻の付け根の余分な皮膚を切除して、幅を寄せるように縫合します。手術の前後で大きな変化を出すことが可能ですが、鼻の外側に傷跡ができるため、なるべく傷跡が目立たない術前デザインと丁寧な縫合をする必要があります。切開する位置や切除する皮膚の量は、元の鼻の形によって多少異なります。切除しすぎると小鼻の丸みが失われるため、程良く調整します。

●内側法

【イラスト:内側法】

内側法は、鼻の横幅が広く、鼻の穴が横に大きいタイプに適応となる方法です。鼻の穴の中から小鼻の付け根にかけて皮膚を切除して、丁寧に縫合します。内側法には後戻りしやすい特徴があるため、当院では後戻りせず安定した効果が得られるように縫合方法に工夫をしています。内側法の傷跡は目立ちにくい場所にできるため、術後はあまり気にされないことが多いです。だからといって、外側法が適応となる方が傷跡に抵抗を感じて内側法で行ってしまうとバランスが崩れてきれいに整いません。鼻翼縮小は、自分の鼻に適した方法を選択することが非常に重要です。

術後の注意点

●鼻翼縮小で起こりうること
術後に赤みや腫れ、内出血、感染、左右差、後戻り、ひきつれなどが生じる可能性があります。細心の注意を払って丁寧に縫合しますが、外側法に関しては小鼻の付け根の傷跡が目立つ可能性があります。多くの場合は、3〜6か月で素顔でも気にならないくらいに目立たなくなっていきます。 また、小鼻を小さくしすぎると、鼻をつまんだような不自然な仕上がりになることがあります。当院では、事前に患者様とデザインを良く話し合い、自然で美しい仕上がりになるように手術を行いますのでご安心ください。

●日常生活における注意点
シャワーは当日から可能ですが、鼻を濡らさないようにしてください。5〜7日後には抜糸を行います。それまでは、入浴・飲酒・運動など血行が良くなる行為は控えてください。メイクは抜糸後から可能です。紫外線は傷跡の色素沈着につながるため、日焼け止めは欠かさず塗るようにしましょう。術後はできる限り鼻を触らないように気をつけて、睡眠時はうつ伏せ寝にならないように注意しましょう。

CZEN GINZA CLINICの
鼻翼縮小へのこだわり

●日本形成外科学会専門医のドクターが担当
当院は「真正かつ良質な医療」を提供するため、日本形成外科学会専門医の資格を持つドクターのみが手術を担当しています。形成外科領域で鼻の変形や欠損、機能異常などを治療してきた経験を活かし、審美性と機能性のどちらも追求することが可能です。

また、当院では「素顔でもわからないほどに美しい傷跡」を追求してきた形成外科専門医が丁寧に細やかに縫合を行います。使用する針や糸も厳選し、傷跡が早く目立たなくなるように配慮しています。
診察からアフターケアまで確かな知識と経験のある専門医が対応するため、万が一トラブルが起きた際も迅速な処置を受けられます。

●術前の徹底したシミュレーション

【画像:ベクトラH2によるシミュレーション】 ベクトラH2によるシミュレーション

診察では、高解像度3Dカメラ「ベクトラH2」を用いて術前のシミュレーションを念入りに行います。美しい鼻翼を形成するために、患者様の理想のイメージを術前にしっかり共有することを重視しています。

また、鼻の形や顔全体のバランスを考慮すると、他の鼻の手術を組み合わせたほうが美しく仕上がる場合があります。例えば、団子鼻の方が鼻翼縮小のみを行うと、相対的に鼻先が大きく見えてしまいバランスが整わないことがあります。そのような場合は、鼻尖形成や鼻中隔延長をあわせて行うと綺麗な鼻に仕上がることが多いため、ご予算も踏まえながら提案します。
どの手術を組み合わせれば良か分からない方でも、丁寧なカウンセリングをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

お悩みから探す

顔のお悩み

体のお悩み